東芝製microSDXCカード(海外向け64GB)導入

 2017-04-25
東芝製microSDXCカード(64GB)導入 東芝製microSDXCカード(64GB)導入(2)

SDカードが不足気味になったので、128GB-USBメモリと一緒に
東芝製microSDXCカード(64GB)」を購入した(写真↑)。

最大読込み:90MB/s
最低書込み:30MB/s(UHS-I U3)

昨年導入したSanDisk製SDXCカードと規格上は同等スペック
で価格は五分の三ということで、ベンチマークも上げておく↓。

東芝製microSDXCカード(64GB)(ベンチ) SanDisk製microSDXCカード(64GB)(ベンチ)
<東芝製64GB>  <SanDisk製64GB>

1GBの書込みは辛うじて30MB/sを満たしている。

東芝製microSDXCカード(64GB)導入(3)



スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

SanDisK「SDCZ43-128G」導入(その2・ベンチ編)

 2017-04-24
SDCZ43-128Gベンチマーク

先日導入したSDCZ43-128Gのベンチマーク
をアップする(写真↑)。

特記事項:
1)一部のレビューでは問題になっていた発熱だが
 筆者の環境では、気になるような温度上昇はなかった。
2)これまでのSDCZ33-32GBベンチと比べると一目瞭然
 だが、「Speed up to 150MB/s」は伊達じゃない。
(SDCZ33-32GBベンチ↓)
SDCZ33-32GBベンチマーク



カテゴリ :PC関連(その他) トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

SH-02Hビルド番号03.00.01→「アドレス帳が繰り返し停止」→解決

 2017-04-21
ビルド番号:03.00.01

ビルド番号:03.00.01のアップデートを実施(写真↑)。

ところが、アップデート実施後は
「アドレス帳が繰り返し停止しています」エラーが続発して
まともに動かない状態に↓。
ビルド番号:03.00.01(2)

よく見ると、「android.process.acoreが繰り返し停止」
も挟み込まれてる模様↓。
ビルド番号:03.00.01(3)

で結局、アドレス帳データを消去→復元で復旧した↓。
ビルド番号:03.00.01(4) ビルド番号:03.00.01(5)

教訓:アップデート前には必ずバックアップを取っておこう!


カテゴリ :「SH-02H」使いこなし トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

SanDisK 小型USBメモリ「SDCZ43-128G」導入

 2017-04-20
「SDCZ43-128G」導入 「SDCZ43-128G」導入(2)

リピート再生用コンテンツをUSBメモリーで再生
するようになって、大型ファイルの受け渡しが増えた
ため、これまでのUSB2-32Gモノよりも大容量かつ高速な
USBメモリが必要になり「SDCZ43-128G」を導入(写真↑)。

選定ポイント:
1)ブリーフケース常駐のため超小型。
2)128GBでUSB3.0対応。
3)ストラップが付けられる(抜差し用)。

「SDCZ43-128G」導入(3)

後から気が付いたが、レビューでは発熱が問題になっている模様。
次回はベンチテストを行って発熱具合も報告する。



カテゴリ :PC関連(その他) トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

ハイレゾスピーカー「SRS-XB2」導入(その3・操作ボタン)

 2017-04-19
今回は「SRS-XB2」の操作ボタンをより詳しくリポートする↓。
SRS-XB2の操作ボタン
↑右上から反時計回りに
電源、音量上げ、音量下げ、通話、青葉、低音

SRS-XB2の操作ボタン(2)
↑ADDボタンとL/Rランプ(2台同時使用時に使用)

SRS-XB2の操作ボタン(3) SRS-XB2の操作ボタン(4)
↑背面の操作系は防水のためシッカリとカバーされている。
左から、AUDIO入力、DC入力、リセット

SRS-XB2の操作ボタン(5)
↑おまけだが、底面のゴム足は少し粘着性があり
シットリと設置場所に馴染む。



カテゴリ :ビバ!「ハイレゾ」 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫