FC2ブログ

巻取り式USB Type-C to Cケーブル(PD対応)買増し

 2020-04-22
巻取り式USB Type-C to Cケーブル(PD対応)買増し

巻取り式USB Type-C to Cケーブル(PD対応)
利用頻度が、レッツノートの在宅充電によって増えて
いるので、「krow製USB-C to Cケーブル」を買増した。
(写真↑)

本品の見た目はウールマークのような白い印以外は
以前購入したCrossMobile製とほぼ同じ↓。
巻取り式USB Type-C to Cケーブル(PD対応)買増し(2) 巻取り式USB Type-C to Cケーブル(PD対応)買増し(3)
(上側:krow製、下側:CrossMobile製)

ケーブル長1mも同じ、重ね合わせてもほぼ一致
するので、金型は同じものと思われる↓。
巻取り式USB Type-C to Cケーブル(PD対応)買増し(4)



スポンサーサイト



カテゴリ :「SH-M09」周辺機器 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

SH-M09用ガラスフィルム4代目導入

 2020-04-16
SH-M09用ガラスフィルム4代目導入

SH-M09用ガラスフィルム3代目導入から約8カ月
が経過したところで、マイバイクのキーでキズを
つけてしまった(写真↑)。

そこで、予備として購入しておいた4代目を導入した↓。
SH-M09用ガラスフィルム4代目導入(2) SH-M09用ガラスフィルム4代目導入(3)




カテゴリ :「SH-M09」周辺機器 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

Web会議システム「Whereby」導入(4・スマホをカメラに)

 2020-04-10
fire 7もWherebyシステムに活用できるようになり
更に活用度の上がってるWeb会議だが、中には
デスクトップPCのみ所有でWebカメラのない環境
の人がいるので、使わなくなったスマホをカメラに
代替利用する方法をこちらを参考に試してみた↓。

<概略手順>
1)スマホに「DroidCam」をインストール。
2)PCに「DroidCam Client」をインストール。
3)スマホをWi-Fiに接続してDroidCamを起動↓。
Web会議システム「Whereby」導入(スマホをカメラに)0

4)PCでDroidCamクライアントを起動して
 Wi-Fi上のスマホIPアドレスを入力して「Start」
 するとクライアント上にスマホ動画が映りだす↓。
Web会議システム「Whereby」導入(スマホをカメラに)1 Web会議システム「Whereby」導入(スマホをカメラに)2

5)PCのChromeでWhereby会議室の入り口へ行って
 カメラにDroidCanを選択(入室後でも選択可能)↓。
Web会議システム「Whereby」導入(スマホをカメラに)3

6)入室すると、スマホカメラの映像がWeb会議に
 流れる↓。
Web会議システム「Whereby」導入(スマホをカメラに)4




カテゴリ :「SH-M09」使いこなし トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

ストラップ付きMicro USB to Type-Cアダプタ導入

 2020-04-08
ストラップ付きMicro USB to Type-Cアダプタ導入 ストラップ付きMicro USB to Type-Cアダプタ導入(2)

Micro USB to Type-CアダプタはAnker製を愛用
しているが、モバイルバッテリ用
Nimaso製ストラップ付きアダプタ」を導入した(写真↑)。

本品をモバイルバッテリ「LAVO 2500」に装着して
SH-M09を充電しているところ↓。
ストラップ付きMicro USB to Type-Cアダプタ導入(3) ストラップ付きMicro USB to Type-Cアダプタ導入(3a)

と、ここまではAnkerモノと同じなのだが、モバイル電源
未使用の時はアダプタを外す必要があり紛失しやすい
ため、今回のストラップ付きモノの購入とあいなった↓。

ストラップ付きMicro USB to Type-Cアダプタ導入(4)





カテゴリ :「SH-M09」周辺機器 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

LINEのグループビデオ通話でWeb会議

 2020-04-07
LINEのグループビデオ通話でWeb会議

愛用のWeb会議システム「Whereby」を紹介したが
LINEでも同等のことが出来るので、グループLINE
内ではそちらの方が手っ取り早い(写真↑)。

有料版Wherebyと比較するのは野暮ではあるが
LINEグループビデオ通話の〇な点↓。
1)使用無料!(別途通信料は発生)
2)通信量が約5MB/分とコンパクト。
(Wherebyは約10MB/分)
3)普及率が高いので導入が容易。

×な点↓。
1)画質がやや粗い。
2)ノートPCでLINEやってる人は少ないので
 実質スマホ持ってないと参加が難しい。
(WherebyはChromeあればノートPCもOK)
3)同時に顔が映せるのは最大4名まで。
(Wherebyは有料版12名、無償版4名)




カテゴリ :「SH-M09」使いこなし トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫