FC2ブログ

「QRコードスキャナー」再導入

 2020-07-08
「QRコードスキャナー」再導入 「QRコードスキャナー」再導入(2)

QRコードの読み取りは、SH-M09では標準の
「カメラ」アプリで行っていたが、マルチキャリア
仕様のコードを読み取るとうまく動かないことが
多かったので、SH-02H時代に愛用していた
QRコードスキャナー」を再導入した(写真↑)。

選定ポイント↓。
1)無料広告なしで約2.5MBと軽量。
2)唯一の難点は横画面固定だが、縦にかざしても
 安定して読み取れるので無問題。



スポンサーサイト



カテゴリ :「SH-M09」使いこなし トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

クラウドストレージサービス「MEGA」の試用開始(2)

 2020-07-01
「MEGA」試用開始の続報↓。

MEGAスマホアプリは、同期もするDropboxとは
違ってクラウドブラウザに近いが
デスクトップアプリの「MEGAsync」は名前の通り
同期アプリで機能も高い↓。

<アカウント画面>
クラウドストレージサービス「MEGA」を試用開始

<同期画面>
クラウドストレージサービス「MEGA」を試用開始

グループでフォルダ共有が出来るのも嬉しい。

筆者の運用↓。
母艦ノート: Dropbox + MEGAsync
自宅ノート: Dropbox + MEGAsync(共有フォルダのみ)
SH-M09: Dropbox +MEGA
サブノート: Megasync

これで、Dropbox3台の縛りから解放された。




カテゴリ :「SH-M09」使いこなし トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

クラウドストレージサービス「MEGA」の試用開始

 2020-06-30
クラウドストレージサービス「MEGA」を試用開始

クラウドストレージサービスは、
DropboxをメインにGoogleドライブをサブに
運用していたが、Googleドライブはやめて
新たに「MEGA」の試用を開始した(写真↑)。

選定ポイント↓。
1)無料アカウントでも50GBの容量があり、
 台数制限もない。
2)MEGAとDropboxで双方向同期できそう。
(サブマシンはMEGA運用でクローンファイルも発生しない)
3)ファイル更新すると旧ファイルは一定期間
 ゴミ箱フォルダにバックアップされる(初期値30日)。
4)グループでフォルダ共有して同期できるなど
 フォルダごとに細かく設定可能↓。
クラウドストレージサービス「MEGA」を試用開始

5)今のところ唯一の欠点といえるのは、
スマホアプリからはファイルを一旦ローカル保存
してからでないと、閲覧や編集が出来ないところ。
(筆者はSDカードと同期してるので無問題)

次回に続く。。



カテゴリ :「SH-M09」使いこなし トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

CompanionLinkアップデート→Task双方向同期に挑戦→失敗

 2020-06-17
CompanionLinkアップデート→Task双方向同期に挑戦→失敗 CompanionLinkアップデート→Task双方向同期に挑戦→失敗

SH-M09とOutlookのPIMデータ同期に愛用している
CompanionLinkがアップデートされたので実行した(写真↑)。

アップデート内容とは直接関係ないが、単方向同期
しかうまくいってなかった「仕事」に関して双方向同期
を再び試してみた。
<現在の筆者同期状況↓>
予定表:Outlook ⇔ DejaOffice
仕事: Outlook ⇒ DejaOffice
メモ: Outlook ⇔ DejaOffice
連絡先:(同期しない)

1)仕事を「双方向」に設定し(Android仕事を一旦削除)
 双方向同期実行↓。
CompanionLinkアップデート→Task双方向同期に挑戦→失敗 → CompanionLinkアップデート→Task双方向同期に挑戦→失敗

2)試しに何も仕事データ変更せずに双方向同期してみる↓。
CompanionLinkアップデート→Task双方向同期に挑戦→失敗

この「Checking for changes...」の状態が5分くらい続いた後
以下エラーメッセージが出る↓。
CompanionLinkアップデート→Task双方向同期に挑戦→失敗

上記と同様のまた似たような操作を数回繰り返してみたが
エラー状況が変わらなかったので、仕方なく元の

仕事: Outlook ⇒ DejaOffice

単方向同期に戻した。。(ーー;)



カテゴリ :「SH-M09」使いこなし トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

Web会議システム「Whereby」導入(4・スマホをカメラに)

 2020-04-10
fire 7もWherebyシステムに活用できるようになり
更に活用度の上がってるWeb会議だが、中には
デスクトップPCのみ所有でWebカメラのない環境
の人がいるので、使わなくなったスマホをカメラに
代替利用する方法をこちらを参考に試してみた↓。

<概略手順>
1)スマホに「DroidCam」をインストール。
2)PCに「DroidCam Client」をインストール。
3)スマホをWi-Fiに接続してDroidCamを起動↓。
Web会議システム「Whereby」導入(スマホをカメラに)0

4)PCでDroidCamクライアントを起動して
 Wi-Fi上のスマホIPアドレスを入力して「Start」
 するとクライアント上にスマホ動画が映りだす↓。
Web会議システム「Whereby」導入(スマホをカメラに)1 Web会議システム「Whereby」導入(スマホをカメラに)2

5)PCのChromeでWhereby会議室の入り口へ行って
 カメラにDroidCanを選択(入室後でも選択可能)↓。
Web会議システム「Whereby」導入(スマホをカメラに)3

6)入室すると、スマホカメラの映像がWeb会議に
 流れる↓。
Web会議システム「Whereby」導入(スマホをカメラに)4




カテゴリ :「SH-M09」使いこなし トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫