FC2ブログ

「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」消える→復活

 2019-11-11
「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」消える→復活

「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」
オプションが消えて
困っていたが、こちらのサイトを参考
にして、コマンドプロンプトを管理者で開き以下の3行を実行
してやったら見事に復活した(実行は自己責任、写真↑)。

reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\WindowsUpdate\UX\Settings" /v "DeferFeatureUpdatesPeriodInDays" /t REG_DWORD /d 0 /f
reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\WindowsUpdate\UX\Settings" /v "DeferQualityUpdatesPeriodInDays" /t REG_DWORD /d 0 /f
usoclient startscan

但し、筆者の環境では、Windowsを再起動したら
起動画面で「準備しています」が5分くらい続いた↓。
「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」消える→復活

少し焦ったが、起動後に詳細オプションを確認したら
見事に復活していた↓。
「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」消える→復活

これで、月曜朝一の繁忙時に強制Updateに悩まされ
ることなく手動でUpdateできるようになった。



スポンサーサイト



カテゴリ :Let's note CF-LV7 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」オプション消える

 2019-11-08
「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」オプション消える 母艦ノートを「Windows10 Pro」にアップグレード(2)
(左:CF-LV7、右:T460s)

新母艦ノートCF-LV7のOSは「Windows 10 Pro」
なわけだが、旧機種ThinkPad T460sのPro版ではあった
Windows Updateの詳細オプション
「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」
がCF-LV7では見当たらない事に気が付いた(写真↑)。

このオプションを設定するとUpdateが手動で実行できる
ようになって便利なのだが。。



カテゴリ :Let's note CF-LV7 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

Let's note CF-LV7 comes in!(9──パームレストの湾曲)

 2019-09-04
Let's note CF-LV7 comes in!(パームレストの湾曲) Let's note CF-LV7 comes in!(パームレストの湾曲)2

ポート類の配置が手前寄りである報告から
間が開いたが、今回はパームレストの湾曲
について報告する(写真↑)。

この湾曲による利点:
1)ホイールパッドにアクセスしやすい。
2)キーボードから手を離すとき滑りがなめらか。

旧母艦ノートT460sのパームレストは尖がっていた
(厚みは薄かったが)ので、なおさらCF-LV7のそれ
が目立った↓。
Let's note CF-LV7 comes in!(パームレストの湾曲)3



カテゴリ :Let's note CF-LV7 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

Let's note CF-LV7 comes in!(8──ポート類の配置)

 2019-08-28
Let's note CF-LV7 ポート類の配置)

レッツノートCF-LV7のポート類は、モバイル用途
を優先してか、抜差しのしやすい前方部分に配置
している(写真↑↓)。

Let's note CF-LV7 ポート類の配置)2 Let's note CF-LV7 ポート類の配置)3

筆者はCF-LV7をデスクトップノート的な使い方
をしており、Bluetoothマウスも常用しているので
最初はマウスパッドにかぶるUSBケーブルが気に
なったが、段々慣れてはきた。

前方にあった方が断然に操作しやすいのが
DVDドライブとSDカードスロットだ↓。
Let's note CF-LV7 ポート類の配置)4



カテゴリ :Let's note CF-LV7 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

Let's note CF-LV7 comes in!(7──ホイールパッドの設定)

 2019-08-23
Let's note CF-LV7 comes in!(K/Bまわり)3 Let's note CF-LV7 comes in!(ホイールパッドの設定)

CF-LV7のホイールパッドの設定は
「Synaptics touchpad device utility for Panasonic PC」
というプログラムグループの「アプリ」に入っている
ユーティリティアプリを起動して行う(写真↑)。

本アプリでの設定項目は、タップしてクリックするか否か
等、ポインティングデバイスの一般的なものが続く↓。
Let's note CF-LV7 comes in!(ホイールパッドの設定)2

「ジェスチャー」タブの設定項目は、「つまみズーム」のみ
で、筆者のやりたかった、「3本指タップでアプリ閉じる」設定
はできなかった(T_T)。
Let's note CF-LV7 comes in!(ホイールパッドの設定)4

また、感度調整の「パームチェック」は
「拡張」→「スマートチェック」タブのやや深層部分にある↓。
Let's note CF-LV7 comes in!(ホイールパッドの設定)3
(現況、Web上のマニュアルは最新ではなかったので注意)




カテゴリ :Let's note CF-LV7 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫