米国でのF-01C(その6完)

 2011-08-09
ダウンタウン・ボストン
(ダウンタウン・ボストン↑)

海外でのF01C使用に限ったことではないが、
筆者は多機能メール転送サービスTRANS-MAILを愛用している。

主アドレスに届いたメールを強力なフィルタリング機能で
ピンポイント的に携帯アドレスに転送する。

不要なメールを読込まずに済んだり、
そもそもプッシュ型なので受信操作自体が不要等、
通信費や時間の気になる海外モバイルでこそ恩恵は大だ。


ボストン・ダックツアーズ
(↑ボストン・ダックツアーズ)

スポンサーサイト
カテゴリ :F-01Cを米国で使う(2011年7月) トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

米国でのF-01C(その5)

 2011-08-08
mopera U の設定(WM機側)

海外で、F-01Cを経由してWILLCOM03(又はPC)で通信するためには
mopera Uに加入して、WILLCOM03の接続設定に追加する(写真↑)。

このmopera U、5月からはライトプランであればiモードと同時契約していれば
実質iモード月額使用料315円のみで使用できるようになった。
(mova時代から提供してるmoperaサービスを早く終了したいものと思われる)

この割引サービス開始により、ガチガチだったセキュリティを少し緩めた(?)節があって、
以前はFromアドレスがmoperaドメインでないとメール送信できなかった(メーラーはW-ZERO3メール)
が、今回は国内の設定のまま問題なく送信できた(メーラーはnPOPでSSL送信)。

ニューベリーからバークリー通りを臨む
(↑ボストン1目抜き通りニューベリーからバークリー通りを臨む)

カテゴリ :F-01Cを米国で使う(2011年7月) トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

米国でのF-01C(その4)

 2011-08-05
フェンウェイパーク

備忘録代わりに用途別に出国前の設定をアップしておこう。

1.海外で留守電を聞きたい場合
159へ電話→「1」遠隔操作開始
(帰国後「0」で遠隔停止)
留守電聞く:+81-90310-1417-0

2.海外でiモードサイトを閲覧したい場合
My docomo→iモードの設定・確認→海外利用設定→利用する
(帰国後「利用しない」)

3.海外でF-01C経由でPCやモバイル機器で通信したい場合
My docomo→各種お申込・お手続き→mopera U(申込む)
(帰国後不要ならプラン解除:スタンダード月500円日割り、ライト月300円固定)


注)写真はレッドソックス本拠地・フェンウェイパーク

カテゴリ :F-01Cを米国で使う(2011年7月) トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

米国でのF-01C(その3)

 2011-08-04
MIT

心配された米国での通信料だが、
My docomoの請求予定額をみると:

>2,585 WORLD_WING通話料(発信分)
> 700 WORLD_WING通話料(着信分)
>4,355 WWGパケット通信料(海外パケホ)
> 864 WWGiモード通信料(海外パケホ)

というわけで、通信はすべてAT&T経由でなされた模様。


注)写真はボストン・マサチューセッツ工科大

カテゴリ :F-01Cを米国で使う(2011年7月) トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

米国でのF-01C(その2)

 2011-08-03
海外ネットワーク検索

通常は海外のネットワークは自動検索してくれるが、
海外パケホーダイの指定業者が米国はAT&Tなので、
手動で設定する(写真↑)。

電源を入れる度に手動で選択する必要があると思われるが、
筆者は面倒でやらなかった。。(さて請求はいかに!)

海外ネットワーク検索2

カテゴリ :F-01Cを米国で使う(2011年7月) トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫