CF-AX3の「バッテリー残量表示補正ユーティリティ」

 2017-01-27
AX3用バッテリCF-VZSU85JS AX3用バッテリCF-VZSU85JS(2)

購入から3年半が経過した「レッツノートCF-AX3
だが、そろそろバッテリ(CF-VZSU85JS)の挙動が
おかしくなってきた(写真↑)。

挙動としては(発生順):
1)バッテリの持ちが悪くなる。
2)外付けチャージャーの充電でエラー(赤LED点灯)。
3)残量表示が80%以上あるのに警告なしに突然PC電源オフ。

これはひとまずリフレッシュしなくてはと思い調べてみると
バッテリー残量表示補正ユーティリティ」がバンドルされていた↓。

バッテリー残量表示補正ユーティリティ バッテリー残量表示補正ユーティリティ(2)

動作としては、「満充電→完全放電→満充電」する。
2度目の充電は後からでも出来るが、冒頭の完全放電までは
途中でACアダプタを外すと、ユーティリティが即終了するので
時間に余裕のある時に実行しよう!


スポンサーサイト
カテゴリ :Let's note CF-AX3 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

CF-AX3のHDMI経由で液晶TVに映像・音声出力(その2)

 2014-07-25
CF-AX3のHDMIから音声出力(2)

レッツノートCF-AX3は強力なプレゼンツールであること
を確認したが、その続報。

HDMIケーブル1本で映像・音声出力を確認できたのは、
1)ブラビアKD-55X9200A
2)同KDL-46W5000

と、比較的ハイエンドの機種だけだったので、
職場カフェテリアにある、ローエンドなブラビアでも試してみた(写真↑)。

結果、大きな問題もなく使えたのだが、1点だけ
「音声の冒頭0.5秒くらいが無音になる」ことが分かった。

再生開始が少し遅れるだけならまだしも、
途中から再生が始まるので何とも間の抜けた音源になってしまう。

こんな所にコストカットのシワ寄せが来ていた訳だが、
自衛手段としては、
「音源の冒頭0.5秒は無音に」しておけば頭出しOKだ。

愛猫:2014.07.19
愛猫:2014.07.19


カテゴリ :Let's note CF-AX3 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

CF-AX3のHDMI経由で液晶TVに映像・音声出力

 2014-07-23
CF-AX3のHDMIから音声出力

レッツノートCF-AX3のHDMI経由で液晶TVをプロジェクタ代わりに
プレゼンやった訳だが、開場の都合上、セットアップに15分程度
しか使えず、TVの空きポートは全て使用不可の設定になっていて
STBと差換えてPCをつなげるしかなく、HDMI経由で画面は映せた
ものの、音声がでなくて音源CDと入力切換えてプレゼンするという
苦肉の策を強いられた。

後で落着いてやってみれば何てことはないが、HDMIにTVをつなげると
サウンドのプロパティにTVへの音声再生デバイスが出てくるので、
そいつを選択してやればよい(写真↑)。

当日はRGBと音声のケーブルも持込んでいたが、PCポートはDVI。。
やはり事前に接続確認しておくのが正解だ。

愛猫:2014.07.14
愛猫:2014.07.14


カテゴリ :Let's note CF-AX3 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

CF-AX3で「SD-Jukebox」

 2014-06-26
SD-JukeboxV6

レッツノートCF-AX3のSDカードスロットは著作権保護機能付き
なので、パナ製アプリ「SD-Jukebox V6」を使って音楽ファイルの
保護SDカードへの書込み等が行える(写真↑)。

F-12Cの音楽アプリは特に保護されてなくても、MP3ファイルを
フォルダごとコピーしてやれば再生できるのだが、
愛車ナビのSD音楽はこの方法を使わないと再生できない。

以前はガラケーのSDスロットを経由して保護書込みをしていたので
CF-AX3のお蔭で格段に使い勝手が良くなったといえる。

で、夫婦で最近はまってるのがクリス・ハート。
なんとも言えない癒し系の歌声に魅了されている↓。

Heart Song II


愛猫:2014.06.22
愛猫:2014.06.22

カテゴリ :Let's note CF-AX3 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

レッツノートCF-AX3のBluetooth

 2014-06-10
Jabraヘッドセット削除エラー

Bluetoothヘッドセット「M70」導入動機の1つに、
2008年から愛用してる「Jabra BT8040」のレッツノートCF-AX3
上での動作不調がある。再ペアリングしようにも削除できない
のである(写真↑)。

パナFAQ等を参考にして試したことは:
1)Bluetoothドライバーのアップデート。
2)CF-AX3シリーズ Bluetooth動作安定化ユーティリティ導入。

だが、削除できない現象は解決できなかった。
そこで「M70」導入となり、A2DPプロファイルによる音楽再生は
以下の組合せで運用することにした:

F-12C→BT8040
CF-AX3→M165
T420→M70

5月後半からの花
机上の花:5月後半~現在



カテゴリ :Let's note CF-AX3 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫