Xi通話プランの壁(その9──My docomo checker導入編)

 2013-09-25
My docomo checker

050アプリを導入した関係上、無料通話の残額が気になる
場面が増えたので、「My docomo checker」を導入した(写真↑)。

経緯としては:
1)050アプリは、無料通話分使い切り後または長電話で使用。
2)電話代を安くするべく料金プランを「L→M」へ。
3)無料通話分が「月300→142分」に減って基本料が2,100円お得に。
4)残りの無料分が気になるのでChecker導入。 ←今ココ

但し、浮いた2,100円で050では128分しか話せない(合計270分)
ので、月300分通話する人はプランLの方がお得という結果に。。(涙)

ひとまずCheckerの「詳細」「グラフ」画面もアップしておく↓:

My docomo checker(2) My docomo checker(3)

あと、Checkerの方が純正アプリより優れてる一押しポイントは
複数のアカウントが登録できるところ↓:

My docomo checker(4)


愛猫:2013.09.11
愛猫:2013.09.11



スポンサーサイト
カテゴリ :Xi通話料金プランの壁 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

Xi通話プランの壁(その8──5S予約サイト編)

 2013-09-20
iPhone5S web予約サイト

F12C当面続投宣言したものの、iPhone5Sの成行きは気になるので
web予約サイトをのぞいてみた(写真↑)。

まず気になったのが、「スペースグレイ」と「シルバー」の識別。
プレスリリースのカラバリは、ブラック・シルバー・ゴールド
となっていたので、スペースグレイは消去法でブラックのこと
と思われるがメーカーサイトを確認しても確実な情報は
見つけられなかった。

ちなみにこの企画、プレミアステージユーザー限定サイトではあるが、
機種を選択して先に進むと「プレミア以外の申込みは無効」云々の文言
があるので、どのユーザーでも入ってはいけると思われる。


愛犬愛猫:2013.09.08
愛犬愛猫:2013.09.08


カテゴリ :Xi通話料金プランの壁 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

Xi通話プランの壁(その7──F-12C当面続投宣言!)

 2013-09-18
アプリ選択画面(電話帳より) アプリ選択画面(大きな電話帳より)

本題に入る前に、050アプリを入れていると
電話帳アプリから通話発信しようとすると
アプリ選択画面が出てくるようになる(写真↑)。

左側が標準の電話帳から、右側が大きな電話帳から
発信したときのもの。
右側はなぜが050 plusが出てこないので、筆者の
通常の運用では050plusは使えない。
といっても、ここでSMARTalkを選択しても
筆者の環境では100%起動エラーになるので
間接的なダイヤリングはうまくいかない。。

ここから本題。iPhone5Sの導入を本気で検討
してきたが、得られるものより失うものが大きすぎて
「F-12C当面続投宣言!」する。

iPhone5S+050アプリで
<得られるもの>
1)最新の定額通信環境(高速通信&テザリング等)
2)初iPhone&初iOS

<失うもの>
1)無料通話付き料金プラン
2)電池のもち(050常駐だと1日持たない)
3)サクサク発信する操作性
(050は非常駐だと起動が遅い、ナビ青歯発信でコケル等)


愛犬愛猫:2013.09.07
愛犬愛猫:2013.09.07




カテゴリ :Xi通話料金プランの壁 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

Xi通話プランの壁(その6──050call編)

 2013-09-17
050call テンキー

まだ契約はしてないが、通話料の安さで注目してるのが
050call」(基本も無料!)。

最近のアップデートで本体の連絡先も参照できるようになった↓。

050call 連絡先

あとは、プッシュ通知による省電力やふりがな検索
(できれば高速起動も)等に対応してくれれば実用レベルに近づく。


愛猫:2013.09.07 愛猫:2013.09.07
愛猫:2013.09.07




カテゴリ :Xi通話料金プランの壁 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

Xi通話プランの壁(その5──SMARTalk編)

 2013-09-13
SMARTalk初期起動画面

050モバイルIPフォンアプリの第2弾は「SMARTalk」(写真↑)。
050+ほどの知名度はないが、レビュー数を見るとユーザー数は
2番目くらいと思われる。

特徴は:
1)月額基本料が無料。
2)プッシュ通知による省電力。
3)短縮ダイヤルが使える。
4)留守電機能あり。
5)本体電話帳が参照できふりがな検索も可。
(起動直後のローディングは3秒くらいかかる)
6)固定電話へも30秒8.4円とやや割高。

契約しないと通話品質が確かめられないが、
使わなければ無料だし、30秒以内の短い通話が主流の人には
割安感があると思う。

契約したら使用感をお届けする予定だ。

例によって他の基本画面もアップしておく↓:

SMARTalk 10キー SMARTalk コンタクト SMARTalk 短縮ダイアル


愛犬愛猫:2013.09.06
愛犬愛猫:2013.09.06




カテゴリ :Xi通話料金プランの壁 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫