FC2ブログ

「MiniCar Emergency Tools」導入

 2019-11-13
「MiniCar Emergency Tools」導入

愛車プリウスの運転中に河川の氾濫に巻き込まれた場合
等に対応するため、「MiniCar Emergency Tools」を導入(写真↑)。

選定ポイント↓。
1)妻や娘たちでも車窓ガラスが割れるツール。
(振り当て式のハンマーは除外)
2)小型軽量で、シートベルトカッターも付いている。

付属品一式↓。
「MiniCar Emergency Tools」導入(2)
(上から:本体、試し割り用ガラス)

キーリングを引っ張るとキャップが外れベルトカッター
が出てくる↓。
「MiniCar Emergency Tools」導入(3)

先端をガラス面に押し付けると内部でハンマーが飛び出す
構造で、早速、試し割りして見た所、見事に割れた↓。
「MiniCar Emergency Tools」導入(4)



スポンサーサイト



カテゴリ :暑さ・寒さ・節電対策(2011年~) トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

システム電源SG-3000DXのバッテリを交換

 2019-10-15
システム電源SG-3000DXのバッテリを交換
(左側が新バッテリ)

2011年の計画停電の時に購入した「システム電源SG-3000DX
だが、完全にバッテリがあがっていたので、こちらを参考に
バッテリ交換した(写真↑)。

これでひとまず、停電しても扇風機や携帯充電等ができる
ようになった。

システム電源SG-3000DXのバッテリを交換



カテゴリ :暑さ・寒さ・節電対策(2011年~) トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

LEDヘッドライト「ZX-S250」導入

 2019-10-11
LEDヘッドライト「ZX-S250」導入 LEDヘッドライト「ZX-S250」導入(3)

停電や夜間の設営・撤収作業などの用途に
LEDヘッドライト「ZX-S250」を導入(写真↑)。

選定ポイント:
1)単3電池1本で長時間点灯(6.5~30時間)。
(明るさ50%で10時間以上はもちそう)
2)小型・軽量・国産。

付属品一式↓。
LEDヘッドライト「ZX-S250」導入(2)
左から、本体+ヘッド/ネックベルト
 付属ベルト類(固定用ベルクロ、ミドルヘッドベルト)

電源ボタン操作:
1)1プッシュでメインLEDオン/オフ
2)短く2プッシュでサブLEDオン
3)長押しで輝度調整



カテゴリ :暑さ・寒さ・節電対策(2011年~) トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

防災ミニライト2

 2019-09-20
防災ミニライト2 防災ミニライト2(3)

2012年に購入した防災ミニライトの電池が
干上がっていたので、東芝製・防災ラジオ
と一緒に「BHOMEA防災ミニライト」を発注
していたが、海外からの発送だったらしく最近
になってようやく到着した(写真↑)。

付属品一式↓。
防災ミニライト2(2)
左から、本体、USBケーブルマイクロ

前回のものとは違うモデルを選んだつもりだったが
筐体はまんま同じだった(汗)。

それでも、様々進化してて、ラジオ回りはアナログ操作
からボタン操作になった↓。
防災ミニライト2(4)

また、充電ポートは、汎用USBポートになり、マイクロUSB
ポートからは本体が充電できるようになった↓。
防災ミニライト2(5)
(左側:入力、右側:出力)



カテゴリ :暑さ・寒さ・節電対策(2011年~) トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

東芝製・防災ラジオ「TY-JKR5」導入

 2019-09-06
東芝製・防災ラジオ「TY-JKR5」導入

約7年前に導入した防災ミニライトの電池がへたってた
のと、計画停電の時に大活躍した防災ラジオも8年以上
が経過したので、新たに東芝製・防災ラジオ「TY-JKR5
を導入した(写真↑)。

付属品一式↓。
東芝製・防災ラジオ「TY-JKR5」導入(2)
左から、本体、USBマイクロ、ガラケーアダプタ、ストラップ

選定ポイント:
1)約1分の充電で約30分使用可能。
2)小型軽量で保管や持ち運びにも便利。
3)電池残量ゼロでも長期保管できるコンデンサ充電式。
4)野外でも安心の防水・防塵仕様。
5)単4乾電池(2本)でも駆動可能。

東芝製・防災ラジオ「TY-JKR5」導入(3)



カテゴリ :暑さ・寒さ・節電対策(2011年~) トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫