横浜マラソン2016完走!(その12──完走証届く)

 2016-04-28
横浜マラソン2016完走証

去年はWEB完走証だけだったと記憶しているが
これまた超立派なヤツが個別に届いた。

ここまで至れり尽くせりだと、お高めな参加費
も合点がいく。



スポンサーサイト
カテゴリ :横浜マラソン(2016年3月) トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

横浜マラソン2016完走!(その11──NeoRunで検証・41~42.195Km)

 2016-04-07
<41K~43Km>
横浜マラソン2016ラップ(41~43K)

<サブ4ラップ目安表>
Km      ラップ
----------
41       3:53:12 ←注目!
42       3:58:53
42.195    4:00:00

両者を比べると、41Kまでは目安表を上回っていた!
ことが分かる。
残り1.5キロを5分40秒ペースで行けてればサブ4だった
と考えると、ちょっと悔しい。

それでもラスト2キロはアップダウンが多いので必死に
足を振り上げて目一杯だったと記憶する。42K付近では
レース中の最悪値キロ6分27秒を記録している↓。

横浜マラソン2016マップ(31~43K) 横浜マラソン2016標高(41~43K)

但し、最悪値が6分30秒を切っているのに、冒頭のラップ数値表
では、41Kラップが6分30秒だったりと、ラップグラフ上の数値は
参考程度に考えていたほうが良いのかも知れない。



カテゴリ :横浜マラソン(2016年3月) トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

横浜マラソン2016完走!(その10──NeoRunで検証・36~40Km)

 2016-04-06
<36K~40Km>
横浜マラソン2016ラップ(36~40K)

この区間の特徴は、35K過ぎに4時間ペースランナーに追いつかれ
必死で後ろに食らいついて行った、血と汗と涙の結晶だ!

キロ5分半ペースに戻し、心拍も155bpm前後と直前の5キロより
10拍も上げている。但し、心臓が苦しかった記憶はなく、筋力の
限界がボトルネックになっていた。

35.2K付近では、レース中の最高心拍と平地での最高ラップ
を記録している↓。

横浜マラソン2016マップ(31~43K) 横浜マラソン2016標高(36~40K)

38.8K付近では、記憶にないアップダウンがあり、標高-35mまで
下っているにもかかわらず、ラップが下がり続けている↓。

横浜マラソン2016標高(36~40K)その2

その後39.9K付近では、標高10mまで上って、ラップもキロ6分
を超えて、ペーサーからは明らかにちぎれたと思われる↓。

横浜マラソン2016標高(36~40K)その3

1つの反省があるとすれば、ペースランナーのラップは想定以上に
上下したので、そこで無駄な足を使ってしまったように思う。
(ペーサーも給水しますし)



カテゴリ :横浜マラソン(2016年3月) トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

横浜マラソン2016完走!(その9──NeoRunで検証・31~35Km)

 2016-04-05
<31K~35Km>
横浜マラソン2016ラップ(31~35K)

この区間ではまず、31K過ぎにラップの大きな落込み
が短時間だがあるので検証しておく↓。

横浜マラソン2016マップ(31~43K) 横浜マラソン2016標高(31~35K)

この辺りは、首都高を下りる直前の緩やかなアップダウン
が続いてなかなかペースが上がらない場所ではある。
が、キロ7分48秒への落込みは一瞬であり、
トイレやエイドでも1回も立ち止まっていないので、
計測ノイズと考えられる。

その後、32K過ぎに首都高を下りてからの無機質な埠頭コース
で徐々にキロ6分寸前までペースが落ちかけたものの、
35K付近で急激にペースを戻している↓。

横浜マラソン2016標高(31~35K)その2

ここでは何を隠そう、4時間ペースランナーに追い越された
のに気がつき、必死で後ろに食らいついて行った。

奇しくも、去年力尽きて歩きまくった35Kからのラスト7キロに
今年も大きなドラマが待っている展開なのだ!


カテゴリ :横浜マラソン(2016年3月) トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

横浜マラソン2016完走!(その8──NeoRunで検証・26~30Km)

 2016-04-01
<26K~30Km>
横浜マラソン2016ラップ(26~30K)

この首都高区間でもキロ5分半の目標ペースは出せてない
が、昨年の反省からリズムが戻ってくるまでじっと我慢して
いたと記憶する。

横浜マラソン2016マップ(16-30K) 横浜マラソン2016標高(26~30K)

首都高前半のダメージから癒えた26キロ過ぎの緩い下り坂
を利用して、5分半~5分40秒程度の巡航ピッチに戻ってからは
景色を楽しんだり、走りを冷静に分析できていた。


カテゴリ :横浜マラソン(2016年3月) トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫