リトプリ(8・完)──いちばんだいじなものは、目に見えない……

 2011-07-19
王子くん

物語全般を通したメッセージになっていると思われる

「いちばんだいじなものは、目に見えない……」

行動してみて初めて分かることがある、とか、
自分を信じて目の前の山を登れば必ず宝物が見つかる、
といったメッセージだと思う。


注)挿絵は電子訳本より引用

スポンサーサイト
カテゴリ :星の王子さま トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

リトプリ(7)──夜、空をながめたとき…

 2011-07-15
王子、星に帰る

「ヘビ」に掛合っていよいよ星に帰る別れ際に
とびっきりの笑顔を「ぼく」にプレゼントして王子がささやく、

「夜、空をながめたとき、
 そのどれかにぼくがすんでるんだから、
 そのどれかでぼくがわらってるんだから、
 きみにとっては、
 まるで星みんながわらってるみたいになる。
 きみには、
 わらってくれる星空があるってこと!」

ちょっと飛躍的かもしれないが、
「死んだら宇宙に帰る(星になる)」
と解釈すると合点がいく。

だから星を眺めてその人を思い浮かべたり、
語りかけたりすれば全部通じるし、
心の中ではずっと生き続けているんだと思う。


注)挿絵は電子訳本より引用

カテゴリ :星の王子さま トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

リトプリ(6)──心でさがさなくちゃいけない

 2011-07-14
砂漠が美しいのは…

「心にいい水」を飲みながら大人の大量生産を揶揄してから王子が続ける、
「でも、目じゃまっくらだ。心でさがさなくちゃいけない。」

探し物は喧騒の現代にもふとした一瞬に隠れてる。

誰にでも平等に。

それが見つかるか否かは、

ふと立ち止まって魂を洗濯しなくちゃいけない。

そこに、感動の人生、味のある人生への鍵があると思う。


注)挿絵は電子訳本より引用

カテゴリ :星の王子さま トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

リトプリ(5)──さばくがうつくしいのは…

 2011-07-12
砂漠が美しいのは…

砂漠で水を求めながら王子が言う
「さばくがうつくしいのは、どこかに井戸をかくしてるから……」

その直前には故郷の星でケンカした「花」を思い浮かべながら
「星がきれいなのは、見えない花があるから……」

過酷な状況下でも取って置きの宝物を滑り込ませて
愛着度を深めてしまう楽しさがある。

メッセージとしては、
人は誰でも使命の宝物を隠し持っていて
光り輝く存在なんだと思う。


注)挿絵は電子訳本より引用

カテゴリ :星の王子さま トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

リトプリ(4)──水は心にもいい

 2011-07-11
水は心にもいい

砂漠で水を探している時に王子が言いたげだったメッセージ
「水は、心にもいいんだよ……」

1週間に53分も自由時間が増えるなら、
もっとゆっくりと水のみ場に歩いて行きたい王子。

ミュージカルではやっとありつけた水を飲んで
「こ~んなにオイシイ水は初めてだー!」と「ぼく」
癒したのは喉の渇きだけではなかったように感じた。

きっと「水=大切なもの」は普段はあまり意識しなかったり
するけど、本当は自分を支え続けてくれてるし、
それがわかった時の歓喜・感動・感謝はとっても深い
というメッセージだと思う。


注)挿絵は電子訳本より引用

カテゴリ :星の王子さま トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫