Outlook連絡先をF-12Cへ転送(その3──フリガナ編)

 2014-01-31
VCFファイルのフリガナ部分

転送エラー回避方法に引続きフリガナの取り込みを試みてみる。
Outlookが作成するVCFファイルでは「YOMI」とある部分の記述(写真↑)。

フリガナは:
SOUND;X-IRMC-N;CHARSET=SHIFT_JIS:

と記述するのが正解のようなので書き換えてF12Cへ転送してみると
見事にフリガナも反映された↓。

フリガナ記述を変更してF12Cへ転送


愛猫:2014.01.25
愛猫:2014.01.25



スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫