Android版「Epson Run Connect」導入

 2018-02-20
Android版「Epson Run Connect」導入

SF-810連携ソフト「Run Connect」(PC版)経由で
クラウド日誌「NeoRun」にランデータをアップしていた
が、遅まきながらAndroid版も導入してみた(写真↑)。

操作概要↓。
1)「ワークアプトのアップロード」をタップすると
 Bluetooth通信が促される↓。
Android版「Epson Run Connect」導入(2)

2)SF-810の「Dボタン」を長押しして通信オンにする↓。
Android版「Epson Run Connect」導入(3)

3)通信が開始されデータ一覧が表示される↓。
Android版「Epson Run Connect」導入(4)

4)アップしたいデータをタップしてクラウドへ送信開始↓。
Android版「Epson Run Connect」導入(5)
#Bluetooth部分がネックなのか1データ送信するのに
#3分くらいかかる。

5)送信したら「ワークアウトを見る」にタップする
 と、PC版で見慣れた画面が出てくる↓。
Android版「Epson Run Connect」導入(6)

6)平均ラップや心拍数等、重要データが参照できる
 が、残念ながら「ストライド」は見れない模様↓。
Android版「Epson Run Connect」導入(7)
#注:PCサイトへ行けば当然見れる。

7)ラップや心拍数のグラフも参考になる↓。
Android版「Epson Run Connect」導入(8)



スポンサーサイト
カテゴリ :「SH-02H」使いこなし トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫