FC2ブログ

三たびF-12Cを欧州で使う(その7──番外編1)

 2014-12-01
ドイツ抗生物質

出張中に体力の限界を迎え、あとは力ワザで乗り切るしかない
状態になってしまったが、展示会場の医務室に行ったところ
抗生物質を処方してくれて服用したところ風邪の諸症状が緩和
され、精力的に責務を果たしきることが出来た(写真↑)。

「アモキシシリン」という欧米では一般的な抗生物質の模様。

出張直前は公私に様々なことが重なって体力的に限界に近い
状態で欧州入りし、過酷な移動に加え夜もあまり眠れなかったため
5日目には完全に風邪をひいてしまった。
同僚からもらった「早めのパブロン」で効果が実感できたのも
医務室に行っておこうと背中を押してくれた。


スポンサーサイト



カテゴリ :F-12Cを欧州で使う(2014年11月) トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫